おすすめ記事

FRBのバランスシートに再び注目、年明けのレポ市場に落ち着き戻る

記事を要約すると以下のとおり。

翌日物資金調達市場では昨年末に見られたボラティリティー(変動性)が和らぎ、ウォール街の関心は米連邦準備制度理事会(FRB)が深刻な混乱を引き起こすことなくバランスシートの縮小を継続できるかという問題に戻ってきた。
米国債入札の決済が完了し、年末に向けたタームファンディングのポジションが満期を迎えれば、米国債を担保とする翌日物レポ金利は今週、正常化が見込まれる。
 ライトソンICAPのエコノミスト、ルー・クランドール氏は「RRPファシリティーが完全に空になるまでFRBがバランスシート縮小を続ける場合、SOFRが描く日々のパターンは数四半期前から見られる安定ではなく、2020年より前に経験した状況に似るだろう」と顧客リポートで指摘した。
上段:FRBのRRPファシリティー預入額、下段:日ごとの変化出所:ニューヨーク連銀  同ファシリティーの残高は2023年が最終週を迎えるまでに1兆4000億ドル近く急減。
 ウォール街のストラテジストらはRRP残高が6月末までに完全に枯渇すると予想。
 だからこそFRBはRRPファシリティー利用が構造的にプラスにある間にQTを停止することに強い論拠があると考えると説明した。
原題:Fed’sBalanceSheetLeapsIntoSpotlightAfterRepoVolatility(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRBのバランスシートに再び注目、年明けのレポ市場に落ち着き戻る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう