おすすめ記事

FRBの割引窓口、利用しにくさを当局者や専門家が指摘-汚名や規制

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、米国の銀行が重要な緊急融資枠を利用しにくくなっている問題にもっと取り組む必要がある。
 FRBの政策立案者と規制当局は、銀行は弱さや必死の状態の表れと受け取られることを恐れて割引窓口を利用することにもっと慣れてほしいと考えている。
 昨年、シリコンバレー銀行(SVB)やその他の地域金融機関が破綻したことを受け、この制度の見直しは急務となっている。
    FRBのバー副議長(銀行監督担当)はアトランタ連銀の会議の基調講演で、規制当局は新たな銀行流動性規則に加え、金融機関が割引窓口ですぐに利用可能な最低限の流動性を維持することを義務付けることも含まれる。
 しかし、銀行業界団体バンク・ポリシー・インスティテュートの調査責任者ビル・ネルソン氏は述べ、「規制が銀行による割引窓口からの借り入れは問題だということを強く刷り込まれていると言っていると、元FRBエコノミストのネルソン氏は、内部流動性ストレステストの要件のためにFRBの割引窓口を利用するようにとの説得は空しいと続けた。」
 ネルソン氏によると、レポ市場を定期的に利用していないSVBは常設レポファシリティーに関心があったが、このファシリティーを内部流動性ストレステストの要件に算入できないことを知ると興味を失ったという。
その結果、「機敏でも効果的でもないのだという。」
それでは火事の時に不便だと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRBの割引窓口、利用しにくさを当局者や専門家が指摘-汚名や規制

Twitterでフォローしよう