おすすめ記事

FRBインフレ期待指標の考案者サック氏、タカ派傾斜の必要性を強調

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)が長期のインフレ期待を評価する手法は、5年先スタート5年物フォワード・ブレークイーブンインフレ率(5Y5Y)が約20年前に登場して一変した。
消費者物価指数(CPI)が前年比4.9%にあっても、同氏は警告する。
 「FRBがこうしたインフレ期待を抑え込むのは大変な仕事だった。」
インフレにおける信頼性は努力によってのみ得られるものだった。
ルビコン川渡るか、期待インフレ率-米当局がコントロールを失う危険  来週13ー14日に発表される5月のCPI統計に、市場と政策当局者の視線が集中する。
5年先スタート5年物フォワード・ブレークイーブンインフレ率出所:FRB  FRB当局者はかねて、インフレ期待が最終的には実際の物価圧力を左右するとの立場を維持してきた。
当時は中長期のインフレ期待安定が崩れる兆候が示されていた。
新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)となった直後は1%を割り込んでいた。
「しかし金融引き締めが軌道に乗ると、FRBは十分に速いペースで政策を引き締め、長期のインフレ期待をいくらか押し下げてそのまま抑制することに成功した」と説明した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRBインフレ期待指標の考案者サック氏、タカ派傾斜の必要性を強調

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう