おすすめ記事

FRB政策運営に難題、米株高による資産効果でインフレ再燃リスク

記事を要約すると以下のとおり。

米金融当局にとって現在の株高は行き過ぎだろうか。
同指数の連騰を受け、金融状況指数は示している。
 来週のFOMC会合でハト派的なシグナルが発せられれば、強気派が歓迎するのは間違いないが、早過ぎる金融緩和は危険を伴う。
「FRBの利下げを期待した株式相場の上昇は、それ自体が一種の緩和だ。」
この上げでマネー・債券・株式市場の引き付けている。
株価の最高値更新は個人消費に好影響をもたらす可能性がある。
同氏は、23年初めに雇用統計が好調を維持しインフレが続いていた時、パウエル議長が議会公聴会で「利上げペースを加速させる用意がある」と発言したことを思い起こす。
「現在のサイクルで、FRBは金融状況が緩んだ際、よりタカ派的に転じている」と分析した。
「リスクは、FRBにとって物価インフレの頭痛の種から資産インフレの頭痛の種に移行することだ」と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRB政策運営に難題、米株高による資産効果でインフレ再燃リスク

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう