おすすめ記事

FRB重視の基調的インフレ指標、4月は鈍化か-進展幾分示唆も

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度が重視するインフレ指標で、31日に発表される4月の米個人消費支出(PCE)コア価格指数は、根強い物価上昇圧力から幾分緩和しつつあることを示す見込み。
 ブルームバーグ調査の予想中央値では、PCE総合価格指数は3カ月連続で前月比0.3%上昇となる見通し。
 PCE総合価格指数は前年同月比では2.8%と予想されている。
5月22日に公表された議事要旨で明らかになった。
今回の指標はインフレ鈍化のプロセスが完全に行き詰まっているわけではないことを示す明るい兆候を幾分示すだろうと指摘。
だが、物価上昇圧力のキャッチアップはまだ残り、今年のインフレ鈍化は非常に緩やかなものにとどまるだろうと分析した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FRB重視の基調的インフレ指標、4月は鈍化か-進展幾分示唆も

Twitterでフォローしよう