おすすめ記事

FTXの元幹部、姿見せず-バンクマンフリード被告の逮捕後も

記事を要約すると以下のとおり。

破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの創業者で、バハマで逮捕されたサム・バンクマンフリード被告が米国で8件の罪で起訴されたことを受け、熱狂的な仮想通貨支持者の間では「ゲーリー・ワン氏はどこだ?」と、共同創業者ワン氏の所在を問う声が一段と深刻さを増している。
ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、同氏のFTXの顧客資金をアラメダ・リサーチの債務返済に充てる決定を認識していたとされている。
 FTX破綻の1週間後に解雇されたワン氏は、その後1カ月の間に姿を見せておらず、罪にも問われていない。
シン氏もコメントを求める電子メールやテレグラムのメッセージに返信していない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FTXの元幹部、姿見せず-バンクマンフリード被告の逮捕後も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう