おすすめ記事

FTX残骸に絶好のチャンス、ディストレスト投資家が手を伸ばす理由

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの顧客が同社からどの程度資金を回収できるか分かるのは、数年後と言わないまでも数カ月先になりそうだ。
バウポストとオークツリーはコメントを控えている。
 これまで確認されたデジタル資産は10億ドル余り、現金は約12億ドルにすぎず、FTXの弁護士が先月判事に語ったところでは、同社のかなりの資産が盗まれたか所在不明だ。
 FTXの管財人は、グループ内のトレーディング会社アラメダ・リサーチに関係する米ロビンフッド・マーケッツの株式4億4000万ドル相当も管理下に置こうとしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FTX残骸に絶好のチャンス、ディストレスト投資家が手を伸ばす理由

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう