おすすめ記事

IMF、世界成長率見通しを下方修正-金融リスクが追加の圧力に

記事を要約すると以下のとおり。

国際通貨基金(IMF)は世界成長率見通しを下方修正した。
2022年成長率は3.4%だった。
 IMFのチーフエコノミスト、ピエールオリビエ・グランシャ氏Photographer:ROSLANRAHMAN/AFP  23年の成長率予想引き下げは小幅だが、最新予測はIMFが1月には今年が世界経済の「転換点」になると予想し、リスクはより均衡しているとの認識を示していた。
 IMFは先週、向こう5年間の成長は限られるとの見通しを2%と1月予想の1.7%から引き上げたと、マルパス総裁が10日明らかにした。
ブルームバーグ・エコノミクスも今年の世界インフレ率を7%からは低下が見込まれる。
インフレ低下は商品相場の下落と金利上昇の影響による。
24年の世界のインフレ率は4.9%とさらに低下が見込まれる。
このシナリオの確率は25%程度だが、この場合は大規模な信用収縮があり成長率は2.5%に減速し、新型コロナウイルス禍初年の20年と世界金融危機の09年を除いて01年以来の低成長となる。
成長率がわずか1%に落ち込む確率は約15%とみられている。
成長見通しIMFSeesGrowthSlowingin2023MostmajoreconomiesareexpectedtoseeGDPexpansiondecelerateSource:InternationalMonetaryFundWorldEconomicOutlookupdate  WEOの他の焦点は以下の通り。
期待外れだった22年10-12月(第4四半期)の状況が今年も続いているもよう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース IMF、世界成長率見通しを下方修正-金融リスクが追加の圧力に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう