おすすめ記事

IMF総会、途上国債務協議へ-貸し手負担など意見隔たり大きく

記事を要約すると以下のとおり。

債務国がデフォルト(債務不履行)に陥った場合に、貸し手側の負担をどのように公平にするかなどを巡り、世界の債権者らの意見の隔たりが大きくなっている。
 関係者によれば、デフォルトとなった場合に民間債権者が二国間債権者と同水準の損失を負うべきかどうか、中国による多様な形態の融資をどのように扱うべきかなどが問題になっている。
 国際金融協会(IIF)のマネジングディレクター、ソニア・ギブズ氏は、「このグループが何を達成し得るのか現実的になる必要があると指摘。」
 ギブズ氏は今回の会合について最新の進捗状況の報告が目的であり、具体的な合意のスケジュールとしてはワシントンで来年開かれるIMF春季会合がより現実的だとの見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース IMF総会、途上国債務協議へ-貸し手負担など意見隔たり大きく

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう