おすすめ記事

JAL移行債に需要、コロナ禍乗り越え業績回復-昨年見送りの10年

記事を要約すると以下のとおり。

日本航空(JAL)が13日、脱炭素に向けた事業に充てる年限10年のトランジションボンド(移行債)の発行条件を決めた。
格付投資情報センター(R&I)が4月、格付けの方向性を「ネガティブ」から「安定的」に引き上げるなど信用力も回復している。
 発行利率は1.20%に決まった。
 JALの移行債は昨年2月以来2回目。
同社の公表資料によると、今回債には13日時点でアセットマネジメントOneやニッセイアセットマネジメント、住友生命保険、福岡信用金庫などから56件の投資表明があった。
 JALは前回の移行債発行によるインパクトレポーティングを公表している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース JAL移行債に需要、コロナ禍乗り越え業績回復-昨年見送りの10年

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう