おすすめ記事

JPモルガンなど大手行決算、金利上昇で好調-小規模行から預金流入も

記事を要約すると以下のとおり。

JPモルガン・チェースと シティグループ、 ウェルズ・ファーゴの米銀行大手3行は、小規模行を先月破綻に追い込んだ金利の上昇から想定外の恩恵を受けている。
米連邦公開市場委員会(FOMC)による利上げを受け、3行ともに純金利収入が前年同期から急増した。
多くの銀行は現金の需要に対応するため損失覚悟で資産の価値は下落。
 こうした圧力をほとんど受けずに、割安価格での資産売却を強いられなかった大手行は14日、金利上昇が貸し出し業務からの収入に拍車をかけていると語った。
 ウェルズ・ファーゴでは純金利収入予想を引き上げ-預金は予想外に4%増加した。
預金の流入がいつまで続くのかということだ。
JPモルガンのバーナムCFOは、「私たちは定着性について現実的だと語った。」
「ますます多くの預金が流出しており、ETF(上場投資信託)やあらゆる形態のキャッシュ、MMFに流れている」と指摘。
こうした圧力が高まると、銀行は利益を削ることになる。
 銀行業界大手の業績の底堅さは、インフレとの闘いを和らげるためにFOMCにかかる圧力の一部を軽減する可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース JPモルガンなど大手行決算、金利上昇で好調-小規模行から預金流入も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう