おすすめ記事

JPモルガンのクオンツ警告-米株市場はドットコム的集中、急落も

記事を要約すると以下のとおり。

米株市場は10大銘柄が支配的な状況で、インターネットバブルとの類似性がますます強まり、急落のリスクが高まっていると、JPモルガン・チェースのクオンツストラテジストが分析した。
 現在の環境と、世紀の変わり目に起きたインターネット関連株を巡る投機的熱狂との類似性はしばしば否定されるが、ストラテジストの分析によれば、状況は「考えられているよりもはるかに似ている」という。
 米国株は、インターネットバブルの絶頂期よりも高いとストラテジストは指摘している。
ただ、現在のバリュエーションは2000年代初頭ほど極端ではないという。
 「最近の動きの大きさと株式のポジショニングの極端さを考慮すると、株式相場下落は現実化すると予想されるが、それは上位10銘柄の弱さによって引き起こされる可能性があると分析した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース JPモルガンのクオンツ警告-米株市場はドットコム的集中、急落も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう