おすすめ記事

KKRなど「ワッツアップ」制裁抑制で協議-シタデル和戦両様の構え

記事を要約すると以下のとおり。

米資産運用会社 KKRや ブラックストーン 、シタデルを含む主要プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社とヘッジファンド運営会社は、米証券取引委員会( SEC)による金融業界でのメッセージングアプリ使用規制の影響を和らげる手段を検討している。
証券会社に記録の保全を義務付ける規則について、ヘッジファンドやPE投資会社には適用されないと同社は主張し、抵抗しているという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース KKRなど「ワッツアップ」制裁抑制で協議-シタデル和戦両様の構え

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう