おすすめ記事

KKRやベインがデータセンター投資-主戦場はAIけん引のアジア

記事を要約すると以下のとおり。

世界の投資家にとって、データセンター分野の新たな主戦場となりつつあるのがアジアだ。
 最近の生成AI人気でデータ・容量の必要性が高まり、域内の人口増加もストレージ需要の伸びに拍車をかけている。
 ブルックフィールド・アセット・マネジメントのデータセンター事業担当グローバル責任者、ウダイ・マティアラガン氏は「まず米国、その後すぐに欧州、そして少し遅れてアジア太平洋地域へとトレンドが移っていく傾向がある」と指摘。
ベインキャピタルは昨年8月、アジアで自社が完全所有するデータセンターのプラットフォーム開始を発表した。
AsiaDataCentersArePoisedforFasterGrowthForecasttoincreaseshareofglobalrevenuefromhyperscalecloudSource:Cushman&Wakefield,StructureResearch  KKRのインフラ戦略目標に沿った水準になるとの見方を示した。
 「クラウドとAIにけん引されてアジア市場全体が成長を続け、それが資産とリソースの競争激化につながるだろうと同氏は語った。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース KKRやベインがデータセンター投資-主戦場はAIけん引のアジア

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう