おすすめ記事

OPECプラス、3月上旬に減産延長の是非を判断へ-当局者

記事を要約すると以下のとおり。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は3月上旬に、原油減産を4-6月(第2四半期)まで延長する是非を判断する計画だ。
 サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は昨年12月上旬、現行の減産を必要なら来年3月を過ぎても「間違いなく」継続可能との見解を示していた。
OPECプラスは通常、1カ月前に方針を決定するため、4月3日に予定される次回の会合では第2四半期に関する判断には遅過ぎる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース OPECプラス、3月上旬に減産延長の是非を判断へ-当局者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう