おすすめ記事

S&P、日産の格付けを「BB+」に引き下げ-ジャンク級に

記事を要約すると以下のとおり。

S&Pグローバル・レーティングは7日、 日産自動車の格付けを投機的水準である「BB+」に1段階引き下げた。
 格付けは一般に「BBB」格以上が投資適格の社債にしか投資できない投資家もいる。
格付投資情報センター(R&I)は「A」。
これは独フォルクスワーゲンの11-12%や、韓国・現代自動車の9-10%、米フォード・モーターの8%程度に大きく見劣りするとした。
 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の吉田達生アナリストは、日産は資金調達などに大きな支障が出るわけではないとの見方を示した。
CMAによる6日終値と比べて約34bp高く、1日としては約1年ぶりの上昇幅となる見込み。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース S&P、日産の格付けを「BB+」に引き下げ-ジャンク級に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう