おすすめ記事

S&P500種、テクニカル分析で岐路に-200日移動平均割れなら一段安

記事を要約すると以下のとおり。

米株式相場は4日に緩やかに反発したが、ここからさらに下落すれば、今後数週間に強気派が深刻な痛手を受ける可能性があることがテクニカル分析チャートで示唆されている。
 ファイナンシャル・エンハンスメント・グループのテクニカルアナリストでポートフォリオマネジャーのアンドルー・スラッシャー氏は、S&P500種は3日まで137営業日にわたり同水準を上回った。
    スラッシャー氏は「4200を割り込めば、S&P500種にはエアポケット状態が生じる。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース S&P500種、テクニカル分析で岐路に-200日移動平均割れなら一段安

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう