おすすめ記事

SBIが過去最大1500億円の起債、市場環境改善でコストも抑える

記事を要約すると以下のとおり。

SBIホールディングスが31日、年限3年と5年の社債の発行条件を決めた。
発行利率は3年債が1.15%。
社債は一般に発行規模が大きければ大きいほど発行利率は高くなる傾向があるが、日本銀行による目先の金融政策修正観測が後退している足元は社債への需要が確認され、前回債からの利率低下も狙えたため増額を決めたと話した。
今回債で調達する資金は借入金や短期を含む社債などの償還に充てる予定だ。
財務担当者は取得にかかる総額1500億円強の資金はブリッジローンで賄う予定だとし、資金長期化については今後、市場の状況を踏まえて社債発行などの手段を検討していくと述べた。
 中央投資家地方投資家3年生保、損保、信託、投信投資顧問、系統上部、中央公的(70%)地銀、系統下部、地方公的、その他諸法人(30%)5年生保、信託、投信投資顧問、中央公的(70%)系統下部、地方公的、その他諸法人(30%)注)3年債には匿名の注文(アカウントX)があった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース SBIが過去最大1500億円の起債、市場環境改善でコストも抑える

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう