おすすめ記事

SMBC日興、社債引き受けも相場操縦での低迷から復調-1月首位

記事を要約すると以下のとおり。

SMBC日興証券が1月の社債引き受けランキングで首位に立った。
日産自動車や楽天グループの個人向け大型債、三井住友ファイナンス&リースの2本立て債に関わったほか、しばらく主幹事から離れていた電力債の起債にも復帰した。
同事件はSMBC日興の22年11月に金融庁の業務改善命令に基づく報告書が金融庁に受理されたことで一連の対応に区切りが付いたと判断したという。
社債に先駆ける形で、発行体や投資家など顧客側も市場へのアクセスの機会を維持するため、一般に行政処分から「一定期間が経過すると取引の正常化に向かうのは自然な流れだ」と話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース SMBC日興、社債引き受けも相場操縦での低迷から復調-1月首位

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう