おすすめ記事

SVB破綻でテック企業が資金繰り難、レバレッジドローンは凍結状態

記事を要約すると以下のとおり。

投資家はテクノロジー企業への融資にますます慎重な姿勢を強めている。
あるいはプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社に追加出資を要請する場合もある。
ジェフリーズとKKRの担当者はコメントを控えた。
 ベータNXTの前身を買収したクリアレーク・キャピタル・グループとモーティブ・パートナーズはコメント要請に応答していない。
ファイナンスコストは全体で上昇し、利用可能な資金プールは縮小するだろうと話した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)による22日の0.25ポイント利上げや想定される追加利上げで利払い負担は重くなる。
ブルームバーグがまとめたデータによれば、テクノロジー関連のレバレッジドローン全体の25%を占めていたが、今年これまででは約18%となっている。
 アイズナーアンパーのパートナーでベンチャーキャピタルに助言するニック・ツァフォス氏は「デューデリジェンス(資産査定)に関して投資家の行動が変わるだろう。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース SVB破綻でテック企業が資金繰り難、レバレッジドローンは凍結状態

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう