おすすめ記事

TSMCの時価総額、世界トップ10入り再び視野-AI株高で勢い

記事を要約すると以下のとおり。

半導体受託生産大手、台湾積体電路製造( TSMC)の株式時価総額が世界トップ10に再び入ろうとしている。
時価総額の差も600億ドル以内に迫っており、この3社を抜けば、2020年以来の10位入りとなる。
スマートフォンやコンピューティング需要に持ち直しの兆しが表れる中、米アップルやエヌビディアにとって主要な半導体メーカーであるTSMCの幹部は先月、1-3月に底堅い成長へと復帰すると見込んでいることを明らかにした。
「同社はエヌビディアのAI半導体で最も重要なサプライヤーになっている」と評価した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース TSMCの時価総額、世界トップ10入り再び視野-AI株高で勢い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう