おすすめ記事

USスチールへの先の買収案「完全に」消失-入札で敗退の同業トップ

記事を要約すると以下のとおり。

米鉄鋼大手USスチール買収の入札で日本製鉄に競り負けた同業クリーブランド・クリフスのローレンソ・ゴンカルベス最高経営責任者(CEO)は、自社が先に提示した買収案について、もはやなきものとなったとの認識を示した。
完全になくなったと説明。
事情に詳しい複数の関係者は先月、ブルームバーグ・ニュースに対し、審査の結論が今年終盤まで出る公算は小さく、2025年に突入するかもしれないと明らかにしていた。
 同氏はまた、クリーブランド・クリフスが常に企業の合併・買収(M&A)の機会をうかがっているとしつつも、差し迫ったものは何もないと述べた。
USWのデービッド・マッコール国際会長は先月29日、日本製鉄が必要な情報の提供を怠ったと主張していた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース USスチールへの先の買収案「完全に」消失-入札で敗退の同業トップ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう