おすすめ記事

10年国債入札に警戒感、政策修正懸念で需要読めず-不調連鎖のリスク

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場で5日に行われる10年国債入札に対する警戒感が出ている。
 日銀が7月にイールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)の運用を柔軟化したことで、債券相場のボラティリティー(変動率)が上昇。
29日の2年国債入札が金利上昇リスクになっている。
「0.6%台で十分な水準かというと、なかなか難しいとみる向きが多い印象だ」と話した。
    入札に対する警戒感から売りが急増して新発10年国債の流通利回りが0.7%に引き上げられ、2013年10月以来の高クーポン債となる可能性が出てくる。
20社の国債市場特別参加者(プライマリーディーラー)に均等に応札する義務が生じるためだ。
欧州中央銀行(ECB)は5月、日本の低金利からの転換は世界の債券市場の回復力を試す可能性があるとし、日銀の政策変更がもたらすリスクを警告した。
 関連記事20年債入札不調、テール36年ぶり低水準-プラス金利でも需要乏しいECBが警告する日銀政策変更からのリスク、欧州では既に顕在化。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 10年国債入札に警戒感、政策修正懸念で需要読めず-不調連鎖のリスク

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう