おすすめ記事

23年の日本株、ぴょんぴょん跳ねるか-「卯」年は戦後で4番目の好成績

記事を要約すると以下のとおり。

新年相場を占う十二支の相場格言では、2023年は株高になりやすい卯(うさぎ、う)年だ。
野村証券の伊藤高志シニア・ストラテジストは「22年はボラティリティー(変動性)が大きい寅年と言われたが、結果的に当たった」と振り返る。
野村証券の伊藤氏は、23年は経験則からは結構良いパフォーマンスになりそうだと語る。
 戦後の年間騰落率を見ると、卯年は4勝2敗と4年の景気サイクルと4年の大統領選挙前年が重なることが要因だと分析している。
前回の辰年である2012年は22.9%上昇した。
2つ前の卯年である1999年は36.8%の上昇だったものの、前回の卯年は東日本大震災のあった2011年で日経平均は17.3%下落した。
今後数年の期間で考えれば、高値の見極めも必要になることを示している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 23年の日本株、ぴょんぴょん跳ねるか-「卯」年は戦後で4番目の好成績

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう