おすすめ記事

34年ぶり高値の日本株が抱えるリスク、4万円の鍵は脱「大型株依存」

記事を要約すると以下のとおり。

日経平均株価は1990年以来となる3万6000円を超え、年初来上昇率は9.2%と世界の主要な株価指数を上回っている。
この比率は2023年の約40%から低下している。
市場参加者の間では、投資対象が限られる中で一部の株式だけが上昇するというのは上げ相場の最終局面の特徴だとの懸念が出ている。
日経平均は3万7000円に乗せる可能性はあるが、「過去最高値の4万円を更新するには、さらに広い範囲での上昇が必要だと話す。」
ラージ70指数やミッド400指数はコア30の上げにとどまる。
アナリストが今年に入り、採用銘柄の株価純資産倍率は08年以降で最高となる1.7倍まで上昇。
東証プライム企業の4割が資本効率改善計画を開示、トヨタなど未公表  みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジストは「株価がさらに上昇するにはROEの上昇が必要だ」と指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 34年ぶり高値の日本株が抱えるリスク、4万円の鍵は脱「大型株依存」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう