おすすめ記事

【日本株週間展望】続伸、半導体関連の決算に注目-IMFの見通しも

記事を要約すると以下のとおり。

4月第3週(15-19日)の日本株は続伸する見通し。
17日に公表される。
国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(WEO)も16日に公表される。
2月の生鮮食品除くコアCPIの伸びは2.8%と、政府による物価高対策の影響が一巡する中で4カ月ぶりの上昇率となった。
1ドル=153円台までドル高・円安が進み、輸出関連銘柄を中心に円安を好感した買いが入った。
ASMLやTSMCといった半導体関連の決算が発表されるため、先行きが強いとの見通しが示されれば日本市場でも関連銘柄の日経平均株価への寄与度は高いため、相場を押し上げるだろう。
ピクテ・ジャパンの松元浩シニア・フェロー  日本株はスピード調整をこなす週となりそうで、日経平均が一時4万円を抜ける可能性はあるがもみ合いとなる展開を予想する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【日本株週間展望】続伸、半導体関連の決算に注目-IMFの見通しも

Twitterでフォローしよう