おすすめ記事

【米国市況】銀行株に売り、利下げ観測強まる-逃避で円一時133円台

記事を要約すると以下のとおり。

米株式相場は4日続落。
いずれも一時は60%を超える下げとなった。
 JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカ(BofA)など大手を含むKBW銀行株指数は、採用21銘柄のすべてが下落。
 ウォール街の「恐怖指数」と呼ばれるCBOEのボラティリティー指数(VIX)は上振れし、節目の20に達した。
「問題なのは、金融の安定を取り戻す政策の選択肢が限られていることだ」と述べた。
 SEIの最高投資責任者(CIO)、ジム・シュミゲル氏は「きょうは見ての通り、大変な日だ。」
しかし他の市場関係者と同様、今回の状況が2008年の金融危機と類似しているとはみていないという。
 ウルフ・リサーチのクリス・セニック氏は「当社の見立てでは、深刻な金融ストレスがあるか、リセッション(景気後退)が間近に迫るか、あるいはその両方が出現しない限り、連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げに踏み切る可能性は非常に低い。」
地銀株への売り浴びせで銀行セクターの不安が静まらず、トレーダーらは今年の利下げ幅の拡大を予想している。
しかし株式相場が下げて始まると米国債の下げは縮小した。
相次いだ米地銀破綻で米政策金利がピークを付けたとの見方を一因に、中期的なユーロ強気を維持する一方で、「投資家は1.11ドルのレンジにとどまる可能性は比較的高いと述べた。」
上段:円スポット価格、下段:SPDR・S&P地銀株ETF出所:ブルームバーグ原油  ニューヨーク原油先物相場はほぼ変わらず。
中国の製造業のデータで需要低迷が示唆されたことが背景にある。
    原油は最近の下落により、相対力指数(RSI、期間9日)で売られ過ぎの領域に入っており、近くテクニカル的な調整が起こる可能性が示唆されている。
ロンドンICEの北海ブレント7月限は17セント高の72.50ドル。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)は前日、主要政策金利を0.25ポイント引き上げることを決定。
 MKSPAMPの金属戦略責任者ニッキー・シールズ氏は「FOMCでは金の強気な筋書きを阻む要素は一切なかった」と指摘。
一時は1.2%上昇し、ロシアのウクライナ侵攻以来の高値となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】銀行株に売り、利下げ観測強まる-逃避で円一時133円台

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう