おすすめ記事

【米国市況】S&P500続落、7月高値からの下落率10%超-149円後半

記事を要約すると以下のとおり。

27日の米株式市場でS&P500種株価指数は3日続落。
S&P500種は週間ベースで1カ月ぶりの大幅安となった。
26日の終値(140.76ドル)に基づくと、100万株は約1億4100万ドル(約210億円)相当となる。
米金融当局のタカ派姿勢維持への懸念から債券利回りが急上昇する中、株式は売られている。
ファンダメンタルズはなお堅調だと分析。
ただセンチメントは変化しなければならない。
これは、株式市場で痛みが広範にわたっていることを示唆する。
ガソリンの値上がりを受け、消費者の景気に対する見方は悪化した。
また個人支出も増加ベースが加速した。
2年債利回り4.84%-2.90.1-0.58%  米東部時間16時45分外為  外国為替市場ではドルが軟調。
市場の注目は来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合に移っている。
市場が重要な部分で仕事をしているからだと指摘。
全国の物価の先行指標となる10月の東京都区部の消費者物価は4カ月ぶりに伸び拡大、日銀に一段の政策修正圧力(2)原油  ニューヨーク原油相場は2週間ぶりの大幅高。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は3カ月ぶりの水準に跳ね上がった。
 それでも週間ベースでは3.6%下落し、戦争が始まってから初めてのマイナスとなった。
戦争が当面のところ拡大していないことに加え、現物需要の軟化が懸念され、当初の上げ幅を縮小した。
その後はカタールの仲介による停戦交渉が「急速に」進んでいるとのアルジャジーラ報道を受けて、上げ幅を縮小した。
週末に事態が悪化すれば週明けの市場で価格が急伸するリスクがあるため、現物価格の軟調が一部隠された格好。
今週は世界的に株価も下げる中で、ドル指数は11月後の高値付近に上昇し90.48ドル。
金  ニューヨーク金相場は続伸し、5月以来の1オンス=2000ドル超えとなった。
イスラエル軍が空爆を強化している同地区では、インターネットと電話のサービスが失われた。
突然の戦争はショート勢の意表を突き、相場はショートカバーを巻き込んで上昇の勢いを強めた。
米軍がシリアの施設2カ所を攻撃、イラン革命防衛隊が使用-国防長官  金スポット価格はニューヨーク時間午後2時40分現在、前日比18.69ドル(0.1%未満)高い1998.50ドルで終えていた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500続落、7月高値からの下落率10%超-149円後半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう