おすすめ記事

ガソリン車禁止の前に再エネ整備、EV転換には電力足らずと豊田氏

記事を要約すると以下のとおり。

経団連のモビリティ委員会の豊田章男共同委員長( トヨタ自動車社長)は8日、ガソリン車の販売を禁止して電気自動車(EV)に完全移行する前に、それを賄う電力を再生可能エネルギーで発電できるようにする必要があるとの考えを示した。
 豊田氏は考え得る取り組みの1つとして、水力発電用のダムに浮体式の太陽光パネルを敷くことを挙げた。
 経団連会長の十倉雅和氏(住友化学会長)と日本自動車部品工業会の有馬浩二会長(デンソー社長)が共同委員長を務める。
トヨタはハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)なども選択肢として残すべきだとして全方位で開発を続ける考えで、環境団体などからはEVに後ろ向きだとの批判も浴びている。
自工会豊田会長、ガソリン車禁止は選択肢狭める-再び最下位、グリーンピース調査で(1)  トヨタでチーフ・サイエンティストを務めるプラット氏は、「重要なのは無駄を最小限に抑え、最も効果のあるところに資源を多く必要とするEVはクリーンな充電インフラに容易にアクセスできる地域や消費者に割り当てるべきと続けた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ガソリン車禁止の前に再エネ整備、EV転換には電力足らずと豊田氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう