おすすめ記事

グリフィン氏が選んだ天才数学者、マーケットメーク帝国の頂点に

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街のリーダーがトップの座に上り詰めることにつながったさまざまな重要な瞬間について語る中で、ゴミをあさったエピソードを披露したのは、 シタデル・セキュリティーズのペン・チャオ(趙鵬)最高経営責任者(CEO)だけかもしれない。
しかし、父親はそれを認めなかった。
 最後に残ったゴミの山までかき分けて探すと、失くしたチケットが見つかった。
同氏率いるシタデル・セキュリティーズは、アジアや欧州での成長を目指しているほか、株式やオプション取引以外にも拡大し、債券や金利取引でより大きな役割を果たすことを狙っている。
ペン・チャオ氏Photographer:SarahBlesener/Bloomberg  しかし、業界内や同社を強く批判する人の間でさえ、チャオ氏(40)はほとんど注目を集めていない。
 しかし、グリフィン氏がシタデル・セキュリティーズを訪れることはほとんどなく、離れたところから事業を把握していると、同社に近い複数の関係者が明らかにした。
  ビデオゲーム  チャオ氏は言う。
その約2年後、同氏は米金融業界入りを目指して北京大学に入学し、応用数学を学んだ。
 その後、チャオ氏はリーマン・ブラザーズでの夏季インターンシップを経て、06年にシタデル・セキュリティーズに入社した。
パートナーシップの始動  チャオ氏のパートナーシップは、その1年ほど後に始まった。
チャオ氏のオフィスに臨時の席を設け、肩越しに同氏の仕事を見守るようになった。
その後、08年の危機を乗り越えると、同社のビジネスとチャオ氏のキャリアは共に軌道に乗った。
アルゴリズム取引でのクオンツ投資家の市場参入が増える中でシタデルは取引の相手方となり、業界用語で言うところの流動性を提供する役割を担った。
注文処理方法を再設計し、人の手を介在させるより予測分析に頼るようにした。
しかし、同氏自身が自らに経営幹部の素質があると認識したのは遅かった。
 「もし私のキャリア目標がCEOになることだったら、大学の学部で数学を学ぶことはなかっただろうと述べた。」
 結局のところ、この決定はグリフィン氏がオーナーとして、自らの帝国の多くを守り、拡大する責任者としてチャオ氏がCEOに就任する前年のシタデル・セキュリティーズの人員は300人ほどだったが、今や1600人近くとなっている。
 だが、その影響力の拡大は注目を集めつつある。
SECはこの見直しを最終決定する時期を示していない。
しかしわれわれは目立つ存在ではないと同氏は述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース グリフィン氏が選んだ天才数学者、マーケットメーク帝国の頂点に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう