おすすめ記事

シングテル、豪部門オプタスの売却計画はない-交渉決裂との報道後

記事を要約すると以下のとおり。

シンガポール・テレコム( シングテル)はオーストラリア部門のオプタスについて、近い将来に売却する計画はないと明らかにした。
 オプタスの買収を検討しているとの報道を受け、シングテルはオプタス株20%について、カナダのプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブルックフィールドと協議していたが、価格を含む条件面で折り合いがつかなかったという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース シングテル、豪部門オプタスの売却計画はない-交渉決裂との報道後

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう