おすすめ記事

トレーダー泣かせ、相反する指標-FRBの「データ次第」強迫観念に

記事を要約すると以下のとおり。

 4月30日に発表された1-3月の雇用コスト指数は1年ぶりの大幅上昇となり、米2年国債利回りは下げに転じた。
一つ一つのデータが金融政策の決定に影響しかねないと確信するトレーダーにとって、日中の株価ボラティリティー指標の一つが昨年11月以降で最も高い水準に跳ね上がったことは混乱を招く。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース トレーダー泣かせ、相反する指標-FRBの「データ次第」強迫観念に

Twitterでフォローしよう