おすすめ記事

バイデン大統領「リセッション起きても浅い」-経済面の成果強調

記事を要約すると以下のとおり。

バイデン米大統領は11日、米国のリセッション(景気後退)入りはあり得るとしながらも、同国経済には混乱を乗り切るための十分な耐性があると語った。
 バイデン氏はリセッションの警告について、「半年ごとに彼らはこう言うと指摘。」
2023年については1%に据え置いた。
 大統領はまた、24年の大統領選への出馬は11月の中間選挙後に判断すると説明し、ロシアのウクライナ侵攻に関しては、プーチン大統領が核兵器を使用するとは思わないとの認識を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バイデン大統領「リセッション起きても浅い」-経済面の成果強調

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう