おすすめ記事

バイデン政権、米兵死亡の攻撃で選択肢を検討-イランは関与否定

記事を要約すると以下のとおり。

イランが支援する武装グループがヨルダンの米軍拠点を攻撃して米兵3人が死亡したことを受け、ホワイトハウスは対応を検討していると明らかにした。
 バイデン大統領は選択肢を「入念に検討している」と、国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官が29日、NBCに対し発言。
 一方、イランは攻撃の責任が同国にあるとの示唆は全て「根拠がなく」、それぞれの集団は独立して行動していると主張した。
米国の対応    親イラン組織に対し、イラン領内への攻撃を求めている。
徹底的にたたくのだと主張した。
選挙の年でもあり、これは政治的に慎重を期すべき問題になる。
 米国がイランの領土を攻撃したことは過去数十年ない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バイデン政権、米兵死亡の攻撃で選択肢を検討-イランは関与否定

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう