おすすめ記事

バフェット氏の日本株投資次なる一手、ウオッチャーは「金融株」推し

記事を要約すると以下のとおり。

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が日本の5大商社株の保有比率を高めたことは、日本株を33年ぶりの高値に押し上げる一因となった。
株価純資産倍率(PBR)の低さや比較的高いリターン、堅調な業績などを理由に挙げている。
 一連の動きは国内外投資家の日本株買い意欲を刺激し、9月に33年ぶりの高値を更新した東証株価指数(TOPIX)は23年度上期に16%高と欧米やアジアの主要市場をアウトパフォーム。
来年初めにも賃上げの見込みが明確になり、日本の金利上昇が確実になれば、「バフェット氏は買いを入れるかもしれないと言う。」
日本の保険株のPBRは1.1倍と割安感が強い。
日銀総裁が交代した4月以降、銀行株は41%、保険株は34%ぞれぞれ上げ、東証33業種の上昇率上位に並ぶ。
バークシャーは5大商社株の保有比率を9.9%まで引き上げる計画を示していた。
関連記事バフェット氏は台湾より日本を選好-伊藤忠株が上場来高値を更新バフェット氏のバークシャー、4-6月の営業利益好調-株は売り越し「バフェット銘柄」総合商社が株主総会、出資強化で注目高まる米バークシャー、5大商社株の持ち株比率高める-平均8.5%超にバフェット氏が日本株の追加投資検討と報道ー商社株が急伸。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バフェット氏の日本株投資次なる一手、ウオッチャーは「金融株」推し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう