おすすめ記事

パウエル氏の「金融環境引き締まり」言及、金融環境に緩みもたらす

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)の意思伝達に潜む落とし穴を、リアルタイムで学ぶ機会だ。
この先、追加利上げの代役を果たす可能性があるとの考えを示唆した。
不安定な市場は資産価格に打撃を与え、住宅購入を困難にし、企業の経営コストを押し上げることで世界経済に波及していた。
FOMC、利回り上昇で利上げの必要性低下と示唆-選択肢は残す(3)  そこで問題が生じる。
「これこそ、これ以上金融政策を引き締めないとの決定に至った要因を一部取り除くものだ」と説明した。
状況が続けばなおさらその可能性があると見積もる。
「成長下振れの想定リスクは過小評価されている可能性がある。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パウエル氏の「金融環境引き締まり」言及、金融環境に緩みもたらす

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう