おすすめ記事

パウエル議長の利上げ再加速戦略に誤算-トレーダーも金利予測見直し

記事を要約すると以下のとおり。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる金融当局がインフレ抑制に向けた利上げを開始して約1年が経過した。
当局が年内利下げを余儀なくされるとの観測も再浮上している。
 しかし、SVB破綻とシグネチャー・バンクの事業停止を受けて、パウエル議長の利上げキャンペーンを背景に経営が行き詰まる金融機関のリストの序章に過ぎないと憂慮する声もある。
 FRBスタッフが予見することができなかった新たな混乱を受けて、当局者の一部は2月に採用した一段と緩やかな利上げペースを維持するよう主張する可能性もある。
米労働市場は力強さを保っており、14日発表の2月の消費者物価指数(CPI)が強い数字となれば、利上げペースを0.5ポイントに加速する新たな論拠となると考えられる。
 パウエル議長は先週の議会証言で、当局として従来予想よりも高い水準に金利を引き上げたり、利上げペースを再加速したりする用意があると表明。
    そうであっても、2月のCPIの数字次第では、物価安定の実現という当局の責務がまだ達成されていないことをFRBウオッチャーや投資家が再認識する可能性もある。
 ブランディワイン・グローバル・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ジャック・マッキンタイア氏は「米金融当局の利上げサイクルにおいて何かが破綻するのはいつものことで、今回も変わりはない。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パウエル議長の利上げ再加速戦略に誤算-トレーダーも金利予測見直し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう