おすすめ記事

パナソニックHD、電池生産で米インフレ法補助金が追い風に

記事を要約すると以下のとおり。

米国で電気自動車(EV)用電池を生産している パナソニックホールディングスは、米国内での電池生産などを奨励する米インフレ抑制法の補助金の恩恵で今期(2024年3月期)営業利益が大幅増となる見通しだ。
対象期間は23年から10年間で、前期の純利益にも法人税の還付を想定する補助金について同法の趣旨に基づき、北米事業の強化・拡大に向けた顧客との有効活用も想定しているとした。
 同社は米テスラ向けに米ネバダ州で車載電池の生産能力を23年3月期比で約3-4倍まで高めることを目指している。
 パナソニックHD、米国に車載電池新工場-24年4-9月)に遅らせることも併せて発表した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パナソニックHD、電池生産で米インフレ法補助金が追い風に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう