おすすめ記事
プロフェッショナルとは何か、考えてみた。【量産性】

高い品質を保ちながら量産するという、高次元での調和を図ることができてこそ、プロフェッショナルなのではないかと思う。


thai-pineapple-fried-rice-1616493-1280x960再現性の高い仕事をすることは、プロフェッショナルの条件のひとつだと思う。
同じことを何回でも繰り返すことができること。

例えば料理人。
何十食と量産することができて、プロの料理人だ。
少なくともチャーハンのプロと呼んでいいのではないか。

一日に一食のチャーハンを作るのがやっとだ、というのではプロフェッショナルではないだろう。
あるいは未だに完璧なチャーハンを作ったことがないので、一日に一食、究極のチャーハンを作ることに命をかけている、というのは、料理研究家かも知れないが、プロの料理人ではないだろう。

さらには、やはりその日ごとに、ひと皿ごとに、味が違うようであればプロの仕事とはいえない。
同じ味を再現できるレシピがあり、それを量産できるからこそ、プロフェッショナルだ。
レシピになっていない口伝でも構わない。
料理人の舌が一定の味を保つ、ということもあるだろう。

高い品質を保ちながら量産するという、高次元での調和を図ることができてこそ、プロフェッショナルなのではないかと思う。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう