おすすめ記事

ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンドやプライベートエクイティー(PE、未公開株)を運用する企業が、欧州連合(EU)のESG(環境・社会・企業統治)ファンド分類を足元で控える可能性が出てきた。
米国では訴訟を好む傾向があるからだと述べた。
 ただ、「サステナブル投資についてEUはまだきちんと定義していない。」
アンナ・マレーバオットー氏Source:Schulte,Roth&ZabelLLP  こうしたリスクがあることで、運用会社の中には8条や9条の認定を求めることに二の足を踏むものも出てくるだろうと、マレーバオットー氏は指摘する。
 「リテールの販売面で、より大きな問題と言えるが、オルタナティブ投資の運用会社にも当然関わってくる話だとマレーバオットー氏は指摘する。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性

Twitterでの意見

fxindex
ヘッジファンド:本来の意味は、リスクをヘッジ(回避)しながら運用を行なうファンドのこと。しかし、一般には、株式や債券価格が下落する場合は、むしろ積極的に売りを行なって収益を上げることを目指す私募形式のファンドを総称してこのように呼ぶ。 #FX
ハル@FXブログ
🌎モーサテ為替 📉先週の急激なドル安はヘッジファンドなどがリスク回避ポジションを手じまいした影響 🇺🇸インフレリスクはくすぶり金融引締がゆるむことへの最近の期待感は近く修正される →ドル買い戻し局面がある 🇯🇵ドル円は金利差に対する上ブレが解消し一旦は140-145円前後でのレンジ形成か
バル
🇺🇸ドル急落の背景とその行方📝 8月下旬の水準まで円高進む ウォン高やフラン高も進む ドル急落の背景 ヘッジファンドなど海外投資家リスク回避的なポジション手仕舞い →🇺🇸ドル売り戻し 金利差に対する上振れが解消 140-145円のレンジ形成へ💹 11月15日モーサテ
いお @ FXトレーダーになる
FX用語勉強! 🍊ヘッジファンド リスクをヘッジ(回避)しながら運用を行なうファンドのこと。しかし、一般には株式や債券価格が下落する場合は、むしろ積極的に売りを行なって収益を上げることを目指す私募形式のファンドを総称してこのように呼ぶ
俺の観賞
ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性 - Bloomberg
サステナ - SUSTAINA® 10th Anniversary
ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性 ・不適切な商品提供に伴う苦情を懸念、運用会社は認定申請先延ばしか ・不透明なSFDRのルール、数百件のファンド再分類につながる恐れ
Manami Ichi
ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性 - Bloomberg 2022年10月17日 6:00 JST •不適切な商品提供に伴う苦情を懸念、運用会社は認定申請先延ばしか •不透明なSFDRのルール、数百件のファンド再分類につながる恐れ .
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性 ヘッジファンドやプライベートエクイティー(PE、未公開株)を運用する企業が、欧州連合(EU)のESG(環境・社会・企業統治)ファンド分類を足元...
らいら
ヘッジファンドがリスク回避、EUのESGファンド分類控える可能性 ()

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう