おすすめ記事

ボーイング、1-3月は予想より少ない6100億円の現金燃焼-株価上昇

記事を要約すると以下のとおり。

米航空機大手 ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は、製造面の立て直しに向けた取り組みは前進しているとし、キャッシュフローの目標を達成するとの見通しを示した。
 24日の発表によると、1-3月の調整後1株損益は1.13ドルの赤字。
3月末時点での現金および短期証券は75億ドルで、年初の160億ドルから減少した。
売上高、1株損益も予想を上回った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ボーイング、1-3月は予想より少ない6100億円の現金燃焼-株価上昇

Twitterでフォローしよう