おすすめ記事

ユーロ圏GDP、1-3月は予想上回る成長-インフレ率は足踏み

記事を要約すると以下のとおり。

ユーロ圏経済は主要4カ国がけん引、市場予想を上回るペースで拡大し、リセッション(景気後退)を脱した。
これとは別に発表された4月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値(表)  ユーロ圏経済は高水準のインフレと金利上昇、世界的な需要低迷で落ち込んでいたが、明るさが増しつつある。
欧州中央銀行(ECB)が6月に開始する公算が大きい金融緩和も、景気をてこ入れしそうだ。
ECBはインフレ後退と家計所得の回復が続くと予想。
5カ月にわたって4%で変わらず、根強さが懸念されていたサービスのインフレは4月に3.7%へと後退。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ユーロ圏GDP、1-3月は予想上回る成長-インフレ率は足踏み

Twitterでフォローしよう