おすすめ記事

今週の米国債入札、利回りピーク到達か試金石に-2年債など最大規模

記事を要約すると以下のとおり。

米国債相場にとって今月は年初来で最悪の月となる方向にある。
その後26日には3月の個人消費支出(PCE)価格指数が発表され、米金融当局として利下げを急がないことを示唆したのを受けて米国債が売られ、2年債利回りは一時5%を上回った。
    米短期債に投資しようと考える債券マネジャーにとって、5%は今や特別な意味を持つ数字と映っている。
「ほぼ到達」  米2年債利回りは先週、約4.99%で終了した。
 パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のポートフォリオマネジャー、マイケル・カジル氏は述べた。
 もちろん、米国債利回り全般が昨年10月のピークに向けて上昇し続けるリスクはある。
3月の消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなったことで、トレーダーは警戒している。
17日に行われた20年債入札には旺盛な需要があった。
利回りはその後、今年1月の時点で4.15%を割り込んだ。
 JPモルガン・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、プリヤ・ミスラ氏は、CPIが予想を上回るとともに、米財務省短期証券(TB)利回りより低めであっても、金融当局の基本シナリオが利下げであり続けることで、2年債表面利率が5%前後であるのは「魅力的だ」と述べた。
 ブランディワインのマッキンタイア氏は「現金から債券の一部に移行するプロセスは恐らく段階的に進行し、期間が短めのものから始まるだろう」と分析した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 今週の米国債入札、利回りピーク到達か試金石に-2年債など最大規模

Twitterでフォローしよう