おすすめ記事

円は反発、円金利低下続かず130円台前半-日銀政策修正観測根強い

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場では円が1ドル=130円台前半に反発している。
ここまで130円73銭を安値に一時130円17銭まで円安が進行  クレディ・アグリコル銀行資本市場本部の斎藤裕司シニア・アドバイザーは、ドル・円は海外時間も131円台に乗せられず、10月高値からのトレンドラインをレジスタンスに、実需の円買いやドルの戻り売りが出やすいと指摘。
オペ結果を受け、10年債利回りは一時0.390%に上昇している。
その上で、短期的には国債先物の急激な買い戻しが起こるリスクも警戒する必要があり、その場合はやや円安方向に働く可能性があるとする一方、「長い目で見たときの日銀の政策修正観測による円高という動きが根底にはあるとみている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は反発、円金利低下続かず130円台前半-日銀政策修正観測根強い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう