おすすめ記事

円強含み、実需のドル売り優勢で130円付近-日銀共担オペに注目も

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場では円が1ドル=130円ちょうど付近に強含んでいる。
ここまで130円06銭まで上昇  クレディ・アグリコル銀行資本市場本部の斎藤裕司シニア・アドバイザーは、「月末で元々ドル売りが目立って見えると説明。」
予想通りなら利上げ幅は2会合連続で縮小する。
「足元金融環境が緩和化しているのにも関わらず、議長が市場に対して穏健なメッセージを出すと反応が大きくなりがちなだけに、市場の関心が集中している」と話す。
ただ、一時0.375%に接近している。
背景中国の経済活動が急回復-1月の製造業と非製造業PMIは拡大示すIMF、23年世界成長率予測を1年ぶりに上方修正-日本も引き上げFRB、金融状況緩和に抵抗の構え-ウォール街の臆測との相違顕在化【米国市況】株は小幅安、欧米の利上げ観測で慎重姿勢-国債は下落。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円強含み、実需のドル売り優勢で130円付近-日銀共担オペに注目も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう