おすすめ記事

半導体よりソフトウエア、ヘッジファンドが方向転換-7日終了週

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンドは先週、人工知能(AI)ブームの恩恵を受けた半導体株を売却し、代わりにソフトウエア株を購入した。
 7日までの5営業日には両セクターとも上昇し、史上最高値を更新し続けている。
GoldmanSachsFICC,Equities,andPrimeServicesdataSource:GoldmanSachsFICC,Equities,andPrimeServicesdataSource:GoldmanSachsFICC,Equities,andPrimeServicesdata  エバコアISIのシニアマネジングディレクター兼テクニカル分析責任者、リチャード・ロス氏は、「ソフトウエアセクターへのセンチメントとポジショニングは現時点で大きく悪化することはないだろうと述べ、同セクターにとって有利なチャートシグナルを指摘した。」
 ソフトウエア株はAIブームによる上昇が総じて鈍く、投資家は半導体株を選好。
エヌビディアをはじめとする半導体銘柄が今後も成長を続けるという確信に支えられた旺盛な需要で急騰させた。
 一方、半導体株は3カ月の底固めを経て再び急騰する準備が整っており、戦術的にも構造的にもさらなる成長のための絶好のポジションにあるとロス氏はみている。
ハイテク株の中での主役交代の十分な証拠はまだないと指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 半導体よりソフトウエア、ヘッジファンドが方向転換-7日終了週

Twitterでフォローしよう