おすすめ記事

大和証Gがあおぞら銀株を追加取得、旧村上系から279億円で

記事を要約すると以下のとおり。

大和証券グループ本社は11日、旧村上ファンド系の投資会社などが保有する あおぞら銀行の全株式、約9%分を2段階に分けて市場外で取得すると発表した。
追加取得により資本業務提携の実効性を高め、事業の相乗効果創出への取り組みを加速させる。
 あおぞら銀にとって、2月に大株主として浮上した物言う株主(アクティビスト)として知られる旧村上系がいなくなり、代わりに大和証Gの荻野明彦社長とは以前から面識があったとし、「気心が知れた中で話が進んできたと友好関係をにじませていた。」
 大和証Gとあおぞら銀は既に経営協議会を設置し、複数の事業領域での銀証連携サービスに関する話し合いを進めているという。
今後、計1155万株を追加取得するため金額は約279億円となる。
日本銀行によるマイナス金利の解除で、今後は金利のある世界となる中で銀行業にとっては追い風となる。
 大和証Gによるあおぞら銀への追加出資は日経新聞が先に報じていた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大和証Gがあおぞら銀株を追加取得、旧村上系から279億円で

Twitterでフォローしよう