おすすめ記事

大規模緩和は「成功」、日本経済の潜在力が十分発揮-日銀の黒田総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の黒田東彦総裁は10日、過去10年の大規模な金融緩和について、2%の物価安定目標を実現できなかったことは残念としながらも、日本経済の潜在的な力が十分発揮されたという意味で「成功だった」と振り返った。
 労働需給面で賃金が上がりやすい状況になりつつあるとし、賃金と物価が上がらないというノルム(社会規範)にも変化が生じていると説明。
2年程度での物価目標実現の宣言と合わせて打ち出し、大規模な金融緩和の実施を行ったことはそれなりの効果を発揮したと指摘。
長期金利の許容変動幅も上下0.5%に据え置いた。
昨年来の債券市場の金利形成が定着していくには、ある程度時間を要すると述べた。
 多額の上場投資信託(ETF)の購入を反省しているかとの質問に対しては「何の反省もないし、負の遺産でもない」と答えた。
 黒田総裁は植田氏について、「素晴らしいエコノミストであり、金融政策に精通し、信頼していると述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大規模緩和は「成功」、日本経済の潜在力が十分発揮-日銀の黒田総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう