おすすめ記事

大谷翔平が北米プロスポーツ史上最高額で契約、スポンサーの株価脚光

記事を要約すると以下のとおり。

野球界のスーパースター、大谷翔平選手のロサンゼルス・ドジャースとの10年 7億ドル(約1015億円)という記録的な契約は、今年の株価パフォーマンスが振るわない関連スポンサー企業にとって好材料になるかもしれない。
2021年4月に本塁打王争いでトップに立ちながら先発投手を務めるというMLB史上でも異例となる快挙を成し遂げると、スポンサー企業の株価パフォーマンスを見ると、日本銀行の利上げ期待を背景にMUFGがTOPIXをアウトパフォームしているが、コーセー、セイコーG、JALの株価はいずれも下回る。
同教授はリポートで、ドジャーズ移籍による経済効果は来年に約643億円と、エンゼルスに残留した場合の500億円を上回るとの試算を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大谷翔平が北米プロスポーツ史上最高額で契約、スポンサーの株価脚光

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう