おすすめ記事

日本は再エネ供給不足、企業ニーズ満たさずとアマゾン-化石燃料依存

記事を要約すると以下のとおり。

世界最大のクリーン電力購入企業、米 アマゾン・ドット・コムは日本のエネルギー政策に関して、民間部門への再生可能エネルギーの供給ペースが十分でないとの明確な判断を今月下した。
 社内の排出削減目標や顧客の要求を満たすため、グリーン電力を必要としている企業にとって、日本は難しい市場となっている。
 資源エネルギー庁は再生可能エネルギーを主力電源とするため、最大限の方針で取り組んでいると説明した。
事業で使用する電力を再生可能エネルギーで100%賄うことを目指す国際的イニシアチブ「RE100」加盟企業は22年、日本での電力需要の25%を下回る。
 ハイグ氏はアジアについて、「再生可能エネルギーを購入するのは非常に難しいとした上で、「われわれはそれを解決しようとしている。」
そのうち次世代再生可能エネルギーに31兆円を充てることにしており、自動車分野に次いで規模が大きい。
「われわれは個別企業として可能な限りの努力をしているが、現時点では日本で利用できるクリーンエネルギーの総量が十分ではない」と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本は再エネ供給不足、企業ニーズ満たさずとアマゾン-化石燃料依存

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう